トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴器はどんな犯罪に使われますか?

Q: 盗聴器はどんな犯罪に使われますか?

回答
盗聴器は、ストーカー行為や嫌がらせ行為、営利目的に使われる場合があります。

ストーカーが相手宅に盗聴器を仕掛けたり相手の弱みを握って
脅迫するなど悪意のある人によって盗聴器はしばしば犯罪に
利用されることがあります。

エスカレートするとどれも重大事件に発展する可能性があるので、盗聴器はこわいものであるという認識を持たなければいけません。

盗聴器が使われる犯罪

1.ストーカーが好きな人の行動監視をする

目的


ストーカーは相手の全てが知りたいという欲求にかられ、
徐々に行動がエスカレートしていきます。


付きまとい行為や待ち伏せをして、それでももっと
相手のことを知りたいという欲求が抑えきれなくなり
相手宅へ侵入して盗聴器を仕掛けます。

犯人に共通する特徴は、自分のことしか考えておらず自身を
正当化して悪いことをしているという自覚が全くありません。


そのため警察が何度警告してもストーキング行為を続けます。

相手が自分の気持ちに答えてくれないと、こんなに好きなのに
何故わからないんだ?と正常な判断ができない状態になっていくのでこの頃になると相手に危害を加える可能性があるのでかなり危険な状態です。

ストーキング行為は自分のことが好きなのかもしれないという
勘違いから始まることが多いので相手に思わせぶりな態度を
してはいけません。

少しでもストーカー気質だと感じたら相手の行動が
エスカレートする前に防御策をこうじてください。

2.特定の相手に嫌がらせをするため

目的

プライドが高い人が振られたときは、自分の思い通りにならない
ことに腹をたてて相手に怒りを覚えて逆恨みが始まります。

自分を振った相手に対して何か嫌がらせをしてやろうという
心理はだんだんと大きくなり行動もエスカレートしていきます。

ストーカーの行動と似ているようにも感じますが、こちらは相手をおとしめるための行動なので深層心理は全く異なっています。

他には近隣住民による嫌がらせのための盗聴も考えられるので
注意してください。

相手の弱みを握るために盗聴器を仕掛けたり、いたずら電話をして盗聴器からその怖がる反応を聞いて楽しむ人もいます。

電話に盗聴器を仕掛ける場合は室内に入る必要が無く、
屋外のヒューズを盗聴器に変えるだけなので
素人でも簡単に盗聴器を仕掛ける事ができます。


3.営利目的に盗聴器で企業の情報を搾取する

目的


ストーカーやいやがらせなど私的利用の他に、会社の利益や金銭目当てのために企業の情報を搾取するプロたちがいます。

業者のフリをして会社に忍び込んで盗聴器を仕掛けたり、
社員を買収して盗聴器を仕掛けさせることもあります。

ライバル会社にアイディアを盗まれると何億という損害が発生することもあるので盗聴器が仕掛けられないよう日ごろから対策を考えなければいけません。

またライバル会社を倒産に追い込むために、故意に情報漏えいをさせることも考えられるので情報漏えいには徹底したリスク管理が必要となります。

その他の質問

Q:盗聴できる距離の限界はどこまでですか?



Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?


Q:なぜ盗聴が法律上で違法にならないのか?


Q:警察に盗聴の捜査を依頼することは可能ですか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方はありますか?