広帯域受信機の比較・評価・レビュー

AR6000

評価:★★★★★

広帯域受信機 : AR6000
メーカー : AOR
タイプ : デスクトップ
対応周波数 : 9khz - 6000Mhz

レビュー

弊社の盗聴器発見調査でも活躍している、高性能広帯域受信機です。
世界で初めて、9Khz〜6000MHzという広帯域を受信が可能となっており、AORから先にリリースされたAR5001Dの性能を発展させた広帯域受信機です。
AR-ALPHA、AR2300、AR5001Dで培われた技術を盛り込み、最新の広帯域技術と、デジタル信号処理を加えた、まったく新しい広帯域受信機がAR6000です。
本機は、スペクトラムアナライザと接続して使用することができます。6GHzまでの電波を受信することができるということで、盗聴に使われる周波数を広い範囲でカバーしています。


AR5001D

評価:★★★★

広帯域受信機 : AR5001D
メーカー : AOR
タイプ : デスクトップ
対応周波数 : 40kHz - 3150MHz

レビュー

AR5001Dは既に製造が中止した、AR5000の後継機となる機種です。受信可能周波数は、40kHz〜3.15GHzまでの復調モードで受信ができる高性能な広帯域受信機です。
2波、3波を同時に受信することが可能となっており、スペクトラム表示が可能ですので、視覚的に電波状況を確認することができます。
既に製造が中止されているAR5000ですが、そのAR5000のスペックを超える性能を持った広帯域受信機がAR5001Dです。現在でもアマチュア無線やマニアから人気の高い広帯域受信機です。


AR5000+3(AR5000)

評価:★★★★

広帯域受信機 : AR5000+3(AR5000)
メーカー : AOR
タイプ : デスクトップ
対応周波数 : 10kHz - 3500MHz

レビュー

製造が中止されてしまったAR5000ですが、今でも現役で使用されている広帯域受信機の一つです。基本性能は、感度がよく、デスクトップ受信器として高いスペックを備えていることが知られています。
価格が若干高めになっていること、そして、製造が中止されているので、中古品でしか手に入れることができないというのが残念です。
AR5000は、中波・短波帯をワイヤーアンテナを装着することで、距離などを気にすることなく受信することができ、盗聴器発見調査にも有効な広帯域受信機です。


AR8600MARK2

評価:★★★

広帯域受信機 : AR8600MARK2
メーカー : AOR
タイプ : デスクトップ
対応周波数 : 100kHz - 3000MHz

レビュー

AORの傑作器として好評だったAR8600の後継機です。
受信可能な周波数範囲は、AR8600よりも大幅に拡大し、100kHz〜3000MHzまでをカバーしています。
広域バンドを受信するのに向いた受信機ですが、アナログ無線を受信するなら問題なく受信することができますが、近年はデジタル無線に切り替わっているところが多く、デジタル無線の受信には適していません。
AR8600MARK2は短波帯で十分な感度を確保することができます。しかし、VHF・UHF帯の感度はアンテナの性能に左右される部分があるため少し気になります。
航空無線や警察無線を受信することができ、デスクトップタイプですが、内臓バッテリーパックが用意されているので、移動に向いたデスクトップ受信器で、車載機として利用することが可能です。


AR8200MARK3

評価:★★★

広帯域受信機 : AR8200MARK3
メーカー : AOR
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 530kHz - 3000MHz

レビュー

AR8200MARK3は、持ち運びに便利なハンディレシーバータイプの広帯域受信機です。
対応する周波数範囲は、530kHzから3000MHzまでとなっており、ハンディタイプの広帯域受信機の中でも比較的広い範囲の周波数をカバーすることができます。
このAR8200MARK3は、AORが先に開発販売した、AR8200MARK2という機種の後継機にあたります。そのため、AR8200MARK2の性能をさらに向上させ、次世代のハンディタイプ広帯域受信機として開発されました。
性能面は、操作性と視認性が他のハンディタイプ受信機よりも優れた印象を受けます。しかし、高い性能のためハンディタイプ広帯域受信機の中でも比較的高い価格になっています。


IC-R6

評価:★★★

広帯域受信機 : IC-R6
メーカー : アイコム
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.1MHz -
1309.995MHz

レビュー

アイコムが先にリリースしたIC-R5の後継機がこのIC-R6です。IC-R5では、ハンディタイプ広帯域受信機として、バッテリーの持ちが短いという欠点がありましたが、IC-R6では、そのIC-R5の欠点を見直し、バッテリーの持ちが大幅に改善された機種です。
性能面ではバッテリーの持ちだけではなく、高速スキャン、BLT回路、大型スピーカーを採用しており、IC-R5と比較して、かなりの高性能になっています。
また、メモリー数も大幅に増え、通常メモリーで1300チャンネルまでメモリーすることができるようになり、電源が切れたとしても、メモリー内容は保護されるようになっています。
ハンディタイプの広帯域受信機として、十分な性能を持っていますが、デスクトップタイプの受信機と比べると、どうしても劣ってしまいます。しかし、ハンディタイプとして価格も手頃という理由から、盗聴器発見調査ために一般の方が購入する例もあります。


FC-S789

評価:★★★

広帯域受信機 : FC-S789
メーカー : ファーストコム
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 65MHz〜1300MHz
134MHz〜470MHz

レビュー

ファーストコムのGPS搭載のワイドバンドレシーバー、FC-S789は、65MHz〜1300MHzの周波数を自動サーチすることができ、盗聴器によく使われる周波数と、盗聴器で使われる全ての周波数がメモリーされているので、購入してすぐに盗聴器発見器として使用することができる広帯域受信機です。
ただし、FC-S789は操作性に難があり、免許を持たずに購入できる盗聴器発見器としては優秀ですが、初心者はこの操作性の悪さに困ることもあるようです。また、バッテリーの持ちが少し悪いという欠点もあります。
しかし、FC-S789はハンディタイプの広帯域受信機の中でも価格、性能とコストパフォーマンスに優れた広帯域受信機です。


VR-150

評価:★★

広帯域受信機 : VR-150
メーカー : 八重洲スタンダード
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.1MHz -
1299.995MHz

レビュー

八重洲スタンダードのVR-150です。ハンディタイプの広帯域受信機として0.1MHz〜1299.995MHzのワイドバンドをカバーしているので、実用性の高い受信機です。
多くの盗聴器発見業者がこのVR-150を使っていることから、盗聴器発見器として人気の広帯域受信機です。
AMやFM、テレビ音声も聞けるので、趣味で持つ人から、受信機を始めて持つという初心者の人が持つのに適しています。
ただし、デジタルには対応していないため、近年増えているデジタル盗聴器には対応することができないという欠点があります。


VR-160

評価:★★

広帯域受信機 : VR-160
メーカー : 八重洲スタンダード
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.1MHz -
1299.990MHz

レビュー

八重洲スタンダードのVR-160です。アイコムのハンディ広帯域受信機IC-R6と比較されることが多い広帯域受信機の一つです。
VR-160の対応周波数範囲は、0.1Mhz〜1299.990MHzとIC-R6の周波数範囲とほとんど変わりません。
ただし、VR-160には、他のバンドを同時受信する機能、AF DUAL機能があります。この機能は、例えば、普段はラジオを聞いていて、目的の周波数を受信すると、ラジオの音声をミュートして、 目的の周波数を聞くということができます。また、目的の周波数の受信が終わると、今度はラジオの音声に自動で切り換えるという機能です。
VR-160の通常メモリーは900チャンネルと大容量を保存することができます。
そして、盗聴器発見サーチ機能があり、使い方も簡単手なので、盗聴器発見調査で使用されることも多いハンディタイプの広帯域受信機です。


DJ-X81

評価:★★

広帯域受信機 : DJ-X81
メーカー : ALINCO
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.1MHz - 1300MHz

レビュー

DJ-X81は緊急時にマルチラジオとして使用されることもある、広帯域受信機です。マルチラジオとして使われるだけあり、対応する周波数範囲もハンディタイプの受信機の中でも広い0.1MHz〜1300MHzまでをカバーしています。
操作方法も簡単で、持ち運びに便利な大きさもハンディタイプの広帯域受信機として評価が高いのですが、一方でバッテリーの持ちが若干短いという欠点もあります。
また、このDJ-X81は盗聴器発見機能を搭載しており、ハウリング機能を使った探査方法と、DJ-X81が発するピー音を盗聴器に拾わせる2つのモードを使い分けることができます。このモードは盗聴器との距離が影響するようのなので、注意が必要です。
DJ-X81の盗聴器発見機能では、実際に盗聴器が見つかると、ディスプレイ上に矢印を表示して、盗聴器が仕掛けられている場所を教えてくれるので、初めて盗聴器発見器を購入して使用する場合に、使いやすい広帯域受信機です。


DJ-X11

評価:★★

広帯域受信機 : DJ-X11
メーカー : ALINCO
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.05MHz - 1300MHz

レビュー

ALINCOのDJ-X11の特徴は、0.05MHz〜1300MHzまでの広い範囲での周波数帯を受信することができること、そして、サブバンドも受信できる2波同時受信ができることが挙げられます。
メインバンドではAM、FM、WFM、SSB、CWの5つと、サブバンドにAM、FMに対応しています。
また、盗聴器発見機能では、音声ガイドが付くことでも知られています。
ハンディタイプの広帯域受信機として高性能ですが、デメリットもあります。ハンディタイプの高性能広帯域受信機によくある、バッテリーの持ちが悪いという点と、受信可能な周波数帯でノイズが入ることが多いということがデメリットとして挙げられます。DJ-X11は同じALINCOが製造販売しているDJ-X81と比較して価格も高めということもあり、DJ-X11とDJ-X81のどちらを選ぶとなったときDJ-X81にするという人もいます。


DX-R8

評価:★★

広帯域受信機 : DX-R8
メーカー : ALINCO
タイプ : デスクトップ
対応周波数 : 0.15MHz - 35MHz

レビュー

ALINCOのDX-R8は長波帯から短波帯を受信するのに適した広帯域受信機です。対応する周波数は0.15MHz〜35MHzになります。この周波数帯を見ていただくとわかりますが、盗聴器に使われる周波数の多くに対応することができない広帯域受信機です。
しかし、無線マニアからの評価は高く、IQ信号をパソコンに入力できることや、デジタル短波放送を受信することができるため、人気のある受信機です。
価格もデスクトップ型の広帯域受信機の中で比較的安く、性能が高いDX-R8はコストパフォーマンスに優れています。


DJ-X8

評価:★★

広帯域受信機 : DJ-X8
メーカー : ALINCO
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.1MHz - 1300MHz

レビュー

初心者から中級者向けのワイドバンドレシーバーとしてALINCOからリリースされたDJ-X8は、DJ-X7の後継機に当たる機種です。DJ-X7で好評だった機能の多くを取り入れており、対応可能な周波数帯は0.1MHz〜1300MHzと広帯域受信機として十分な性能を持っています。
また、テンキーが付いているので、操作性も高く、盗聴器発見器機能はサイレントとサウンドの2種類が搭載されています。
ただし、このDJ-X8はデジタル信号を受信するのに向いていないため、デジタル無線やデジタル盗聴器に対して有効度は低くなります。
DJ-X8は初心者から中級者向けということもあり、このレベルの受信性を持っているハンディタイプの広帯域受信機の中では価格もお手頃です。


IC-P7

評価:★

広帯域受信機 : IC-P7
メーカー : アイコム
タイプ : ハンディ
対応周波数 : 0.495MHz -
999.990MHz

レビュー

アイコムのIC-P7です。この機種の特徴として、持ち運びが便利な超小型というのあります。
大きさはタバコの箱とほぼ変わらない大きさで、他のハンディタイプの広帯域受信機と比較しても、小さなボディをしています。
小型のIC-P7ですが、受信機の性能は十分に備わっており、対応する周波数は0.495MHz〜999.990MHzで十分実用に耐えることができる仕様となっています。
しかし、盗聴器発見器として、このIC-P7を見た場合、他のハンディタイプの受信機よりも若干劣っている印象を受けます。ボタンが少ないのは、使い勝手がよさそうに思えますが、チャンネルのメモリーに手間取るなどのデメリットもあるため、使用する人の好みが分かれるのが、アイコムのIC-P7です。