ホーム > 盗聴器の名称と特徴 > リモコン式盗聴器とは

リモコン式盗聴器とは

リモコン式盗聴器とは、電波を発信する盗聴器の電源を遠隔リモコンでON/OFFの切り替えが出来る盗聴器のことです。
このリモコン式盗聴器は、受信機のリモコンを操作することで、離れた場所から、電源のON/OFFを切り替えることが出来るため、
常時電波を発信しているわけではなく、電源がONのときに電波が発信されているため、発見が難しい盗聴器です。

リモコン式盗聴器の価格は、電波を発信する発信機と、電波を受信する受信機の2つがセットで必要になるため、高額になります。
しかし、盗聴器として優秀なことから、盗聴に使われることが多い機種です。

現在の盗聴器発見調査では、盗聴器が発信している電波を受信して見つけるのが主流となっています。
目視による盗聴器発見も出来ますが、受信機は小さいものが多く、上手く偽装されていたり、隠されていることがほとんどで、
盗聴器発見では、もっぱら専用の機器を使って捜索する手段が取られます。

しかし、このリモコン式盗聴器では、電源のON/OFFが自由なため、調査をおこなっているときは電源がOFFの状態だと、
盗聴器からの電波を受信できないため、専用の受信機を使って強制的に電源をONにして調査をします。


「盗聴器の名称と特徴」へ戻る