トップへ > 盗聴器の発見Q&A > 盗聴器の周波数とは何ですか?

Q:盗聴器の周波数とは何ですか?

盗聴器の周波数とは、無線式盗聴器が発信する電波のことをいいます。
この周波数は、アナログ式とデジタル式無線盗聴器で、使われる周波数に違いがありますが、盗聴に使われる周波数は、 140MHzから400Mhzの帯域の物に集中しています。

盗聴器に使われる周波数の帯域があらかじめ分かるのは、市販されている盗聴器の多くが、上記の周波数を使用した物であること。
そして、盗聴器を自作する人はほとんどいないため、細かい設定を変更することができないためです。

この周波数を傍受することで、盗聴器が仕掛けられているかいないかを調べることができます。

周波数を傍受するためには、盗聴器の周波数帯に対応した受信機を用意する必要があります。
傍受することができる周波数帯域が多いほど、盗聴器を発見する可能性は高くなります。

市販の盗聴器発見器を購入する場合でも、どの周波数が盗聴器に使われているのか事前に調べておけば、 盗聴周波数に対応した調査方法と発見器を選ぶことができます。


その他の質問

Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?



Q:盗聴器を集団ストーカーが使用する事はありますか?


Q:盗聴器を見つけるのに、一番効果の高い盗聴器発見器はどれですか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴できる距離の限界はどこまでですか?


Q:小型カメラの隠し場所はどこですか?盗撮カメラを簡単に見つける方法が知りたいです。


Q:なぜ盗聴が法律上で違法にならないのか?


Q:盗聴器発見で八木アンテナを使うのはパフォーマンスというのは本当ですか?


Q:盗聴器を設置すると犯罪になりますか?