トップへ > 盗聴器の発見Q&A > 盗聴器の種類はどんなものがありますか?

Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?

盗聴器の種類には、大きく分けて2種類あります。

・無線式盗聴器
・有線式盗聴器

さらに、この2つを細かく盗聴器を分類すると下記のように分けることができます。

無線式盗聴器
・アナログ式盗聴器
・デジタル式盗聴器
・リモコン式盗聴器
など

有線式盗聴器
・コンクリートマイク
・ボイスレコーダー
・レーザー盗聴器
など

無線式盗聴器とは、盗聴電波を発信する盗聴器のことを言います。
また、有線式盗聴器とは、盗聴電波を使わない別の方法で使って盗聴する盗聴器のことです。

盗聴で一番多く使われている盗聴器は、無線式盗聴器です。
価格も安く、誰でも操作ができて、扱いやすいといった点で盗聴犯が好んで使用します。
実際に、盗聴器発見調査で見つかる盗聴器の多くが、この無線式盗聴器です。

無線式の中には、電池タイプ、寄生タイプの物があり、電池タイプの場合は、電池が無くなるま盗聴波を外部へ発信し続けますが、
電池がなくなれば盗聴波を発信することはありません。
一方で寄生タイプの場合は、電源が外部から供給されるため、半永久的(電源が供給される限り)に盗聴波を外部へ発信し続けます。

有線式盗聴器の場合、無線式と違うのは、有効範囲です。
コンクリートマイクだと、壁一つを挟んだ先の音を拾うことしかできないため、離れた場所から使用するのが難しくなります。
無線式の場合は、設置されると使い捨てにされる場合がほとんどですが、有線式は、設置したあと、設置した人間が回収に来るという特徴があります。


その他の質問

Q:盗聴器の周波数とは何ですか?



Q:盗聴器を見つけるのに、一番効果の高い盗聴器発見器はどれですか?


Q:ラジオを使って盗聴器を発見することはできますか?


Q:盗聴できる距離の限界はどこまでですか?


Q:小型カメラの隠し場所はどこですか?盗撮カメラを簡単に見つける方法が知りたいです。


Q:なぜ盗聴が法律上で違法にならないのか?


Q:盗聴器発見で八木アンテナを使うのはパフォーマンスというのは本当ですか?


Q:盗聴器を設置すると犯罪になりますか?