TOPへ > 盗撮に関する専門知識 > 盗撮発見器

盗撮発見器

盗撮発見器とは、盗撮に使われている撮影機器を見つけるための機械です。
この盗撮発見器は、巧妙に隠された盗撮カメラを見つけることができますが、この盗撮発見器を使えばたちどころに盗撮カメラを見つけることができるとう物ではありません。
盗撮発見器を使って、盗撮を見つける場合には、専門知識と発見器の特性を理解しておく必要があります。

盗撮発見器には、2種類のものがあります。


・光学式盗撮発見器
・無線式盗撮発見器


光学式盗撮発見器とは、盗撮カメラに使われている光学レンズに反応して、カメラを見つけることができるというものです。
光学レンズに反応するといってもわかり辛いと思いますが、光学式盗撮発見器から放たれた光を、盗撮カメラなどで使われている光学レンズに反射することで、盗撮カメラのありかを見つけ出すものです。


無線式盗撮発見器は、盗撮カメラが発信している周波数を傍受して、見つけ出す発見器です。
仕組みは、盗聴器発見器と似たものになりますが、無線式の盗撮カメラしか見つけることができないため、光学式盗撮発見器と一緒に使われることが多くあります。
また、無線式盗撮発見器には、傍受した映像をその場で見ることが出来る物があります。


これら2つの盗撮発見器の特徴から、光学式、無線式のどちらにもメリットとデメリットが存在します。

光学式では、盗撮カメラが巧妙に隠されていた場合、見落としてしまう可能性があります。
ただ、実際に目で確認していくため、発見方法としては比較的簡単で、一般の方でも知識を身につければ試すことができます。

無線式では、巧妙に隠されている盗撮カメラでも、電波を傍受することさえできれば、盗撮カメラの有無を確かめることができるですが、無線盗撮カメラに使われて周波数が分からない、または、所有する盗撮発見器で傍受することができない周波数だと、傍受自体出来ない場合があります。

これら2つの盗撮発見器の特徴をよく理解していただき、自分の調査では、どの発見器が有効なのかをもう一度よく検証することが大切です。
また、調査業者に盗撮発見調査をご依頼される場合も、業者がどのような盗撮発見器を使って調査をするのか事前に確認しておくことが大切です。