TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 盗聴器を仕掛ける目的と犯人像

盗聴器を仕掛ける目的と犯人像

盗聴発見では、定期的に調査をすることで、あなたのプライバシーを守ることができます。

もしかしたら、家のどこかに盗聴器が仕掛けられているかも、そう不安を感じて弊社へ相談に来られる方や、盗聴されないようにするために盗聴予防をしたいという方も、弊社へ相談にいらっしゃいます。

盗聴を予防するためには、どんな目的があって盗聴をするのか、盗聴器を仕掛けた犯人にはどんな人間がいるのかを知ることで、盗聴予防をより効果的に行うことが出来ます。

盗聴器を仕掛ける目的には下記のものが考えられます。

  • あなたの事が気に食わない、あなたに危害を加えるため
  • ストーカー行為、付きまといのため
  • 興味本位や好奇心
  • 個人情報、機密情報を盗むためなど

盗聴器を仕掛ける目的は、あなたに直接危害を加えることが目的のものや、他人の秘密を知りたいという好奇心から仕掛けるものまで色々あります。
特に、興味本位や好奇心で盗聴器が仕掛けられることが多く、盗聴器を仕掛けた人間は、直接あなたに危害を加えようとする意図が無い、盗聴することに罪悪感を感じていないという場合があります。


この盗聴器を仕掛ける人間に、以下の人物像が予想されます。

  • 家族、親族や両親
  • ごく親しい友人(最近ケンカをしたり、仲違いをした友人)
  • 恋人や夫婦
  • 全くの他人、ストーカーなど

盗聴器は、家主が居ない間を狙って、空き巣が侵入して仕掛けるケースや、親兄弟や親戚、ごく親しい友人など家主にとって身近な人間が盗聴器を仕掛けることもあります。

盗聴器を仕掛けた人間が、空き巣やストーカーなど、あなたに危害を加えることを目的としている人間だった場合は、盗聴器の予防とプラスして、防犯対策を見直すことをお勧めします。
しかし、盗聴器を仕掛けた人間が、あなたの身近な人間だったとき、どういった対応を取るかよく考える必要があります。
盗聴をすぐに止めさせるため、相手とよく話し合いをしたいが、話し合いが上手くいきそうにない、相手と一対一で話をするのが不安という方は、第三者など相手とあなたの間に入ってくれる人を探すことも大切です。

盗聴を仕掛ける目的、そして仕掛ける人間は誰かで、盗聴の防止対策は違ってきます。
これから盗聴防止を考えていらっしゃる方は、どの様な目的、人物が盗聴器を仕掛ける恐れがあるか、よく考えてから防止策を講じる必要があります。



他の盗聴に関する専門知識

自分でする盗聴器の見つけ方
盗聴器に使われる周波数
車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する
最近の盗聴による被害の内容
引越し前と後の盗聴器を調べる
携帯電話を使った新しい盗聴器
ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?