TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 盗聴防止でプライバシーを守る

盗聴防止でプライバシーを守るには

盗聴は、他人の秘密を盗み聞く卑劣な行為です。他人には知られたくないプライベートな部分を気付かないうちに知られるのは気分の悪いものです。

この盗聴行為にたいして、当社では、盗聴器発見調査を行い盗聴の危険が無いかを調べることが出来ます。
しかし、盗聴発見調査では、既に仕掛けられている盗聴器を発見することが出来ても、盗聴器を仕掛けられるのを防ぐのは困難です。
そのため、盗聴器発見調査をご依頼される人の中には、盗聴防止の方法をご質問される方もいらっしゃいます。

この盗聴防止の方法ですが、いくつかのポイントがあります。


・プレゼントに注意する
・盗聴器の有無を定期的に調べる
・部屋の中を整理整頓する


以上のポイントを挙げることが出来ます。
プレゼントに注意するでは、プレゼントの中に盗聴器が仕掛けられているケースが多く、気が付かないうちに、自分で自宅に盗聴器を持ち込むことになってしまいかねません。

また、引越し時や家の新築時に盗聴器の有無を事前に調査することで、盗聴防止になりますし、定期的に簡易の調査を行うだけでも盗聴防止になります。

そして、部屋の中を整理整頓しておくのは、もし仮に盗聴器を仕掛けるとして、部屋が散らかっていれば、隠す場所は沢山あります。
しかし、整理整頓された部屋では、盗聴器の仕掛ける場所が限られ、たとえ仕掛けることが出来たとしても、
何かしらの変化があれば家主が気付く可能性も高くなります。



他の盗聴に関する専門知識

自分でする盗聴器の見つけ方
盗聴器に使われる周波数
車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する
最近の盗聴による被害の内容
引越し前と後の盗聴器を調べる
盗聴の仕掛ける目的
ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?