TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 引越し前と後の盗聴器を調べる

引越しの前後に盗聴器を調べることの重要性

盗聴被害にあった人の中には、「いつ盗聴器が仕掛けられたかわからない」といったケースがあります。
こうした盗聴器がいつ仕掛けられたかわからないのに、自宅から盗聴器が見つかった場合は、残留盗聴器の可能性が高いです。

この残留盗聴器とは、中古物件や賃貸物件へ引越してきて、前の家主を盗聴するために取り付けられた盗聴器が、前の家主がいなくなっても回収されることなく、そのまま残っており、盗聴電波を発信し続けているものです。

そのため、引越しの前後には、盗聴器発見調査をおすすめします。

中古物件や賃貸物件へ引越し前に、荷物を運び入れる前に家を調査してもらうことで、盗聴器を見つける手間も少なくなります。

また、引越しの荷物を入れた後も、家電に電源を入れた状態で盗聴器発見調査をすれば、もしも運び込んだ荷物の中に盗聴器が紛れていても見つけることができるため、引越し先に盗聴器を持ち込む可能性を少なくすることができます。

最近では、引越し業者が盗聴器発見調査のサービスをおこなっているところも増えているようですが、これらのサービスは引越し業者によって値段も違いますし、増えたといってもすべての引越し業者が盗聴器発見調査をしているわけではありません。
引越し業者を介さず、自分で引越しをするという人もいると思います。

そのため、盗聴器発見調査は引越しの前後に専門業者に入ってもらって調べることも考えておく必要があると思います。

弊社では、引越し前と引越し後の盗聴器発見調査も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



他の盗聴に関する専門知識