TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 携帯電話を使った新しい盗聴器

携帯電話を使った新しい盗聴器

携帯電話の通話を盗聴するのは、これまで難しいとされてきました。その理由は携帯電話に使われる信号がデジタル信号と呼ばれるもので、このデジタル信号は、たとえ傍受することができたとしても、そこから意味のある音を拾うことはできません。
そのため、携帯電話の通話を直接盗聴される可能性は限りなく小さいのですが、携帯電話自体を盗聴器として使われるケースが最近増えてきています。

携帯電話を盗聴器として使う方法は簡単です。PHSなどのプリペイド式携帯電話を盗聴したい相手の自宅や車に電源を入れた状態で隠しておき、その携帯電話に電話をかけて通話可能状態にすれば、外部の音を聞くことができる盗聴器になります。

この方法で携帯電話を盗聴器として使っていた場合、一般の盗聴器発信機では発見が難しくなります。
先ほど少し紹介しましたが、携帯電話に使われる信号はデジタル信号なので、携帯電話が盗聴器として使われていた場合、盗聴器発見器がデジタル信号を受信することができたとしても、そこから意味のある音を拾うことができないため、発見業者でも見落としてしまうことがあります。

また、最近はデジタル信号は様々な場所で使われているため、盗聴器として使われている携帯電話を発見するのはかなり難しくなります。

そして、携帯電話を使った盗聴器の特徴に、一般的なアナログ式盗聴器の電波を拾うことができる距離は200mほどですが、携帯電話を盗聴器として使った場合、数十キロ離れた場所からも電波を拾うことができるので、離れた場所から盗聴することができるという利点があります。

こうした理由、そして最近は携帯電話やスマートフォンを比較的簡単に手に入れることができることから、盗聴器として使うケースが増えているのです。

そのため、携帯電話盗聴器に対して対応することができる調査が必要になります。
弊社では、デジタル信号を傍受することができる盗聴器発見器を所持した数少ない調査会社です。
携帯電話盗聴器の対処にお困りの方は、弊社までご相談ください。



他の盗聴に関する専門知識

盗聴防止でプライバシーを守るには
自分でする盗聴器の見つけ方
盗聴器に使われる周波数
車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する
最近の盗聴による被害の内容
引越し前と後の盗聴器を調べる
盗聴の仕掛ける目的
ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?