TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 携帯電話を利用した盗聴器とは

近年増加している携帯電話を利用した盗聴器とは

最近、携帯電話が盗聴器として使われるケースが増えています。
携帯電話を盗聴器として使うのは簡単です。PHS・プリペイド式携帯電話など使い捨てが可能な携帯電話を、盗聴したい相手の自宅や車に、電源を入れた状態で隠し、
その隠した携帯電話に電話を掛け、通話可能状態にすれば通話先の音を聞くことができます。

この携帯電話を使った盗聴器の特徴に、かなり離れた場所でも盗聴が可能という点があります。

従来のアナログ式盗聴器では、せいぜい200m程の場所でないと電波を受信できませんでしたが、 携帯電話を盗聴器として使った場合、数十キロ離れた場所からも電波を拾うことができるので、離れた場所から盗聴が出来てしまいます。

このように離れた場所から盗聴が出来る点と、最近は携帯電話(ガラケー・PHS)やスマートフォンを比較的簡単に手に入れることができるため、携帯電話が盗聴器として使われるケースが増えているのです。

携帯電話の通話を傍受することは可能?

これまで携帯電話の通話を盗聴(傍受)するのは難しいとされています。その理由は携帯電話に使われる信号がデジタル信号と呼ばれるもので、
このデジタル信号は、たとえ傍受することができたとしても、そこから意味のある音に変換するためには、専用の機器が必要でした。
そのため、携帯電話の通話内容を直接盗聴される可能性は少なくなります。

携帯電話を使った盗聴を発見するには

プリペイド式携帯電話を見る機会は減りましたが、携帯電話の普及率は高く、現在、一人一台の携帯電話を持つのが当たり前になっています。
そのため、携帯電話を使った盗聴を発見するには、盗聴器として使われている携帯電話と、普通に使われている携帯電話のデジタル信号を判別する必要があり、見つけるのが大変難しくなっています。

ここで説明したとおり、携帯電話を使った盗聴を見つけるためには、調査力が必要になります。
弊社は、デジタル信号を傍受することができる盗聴器発見器を所持した数少ない調査会社です。
携帯電話盗聴器にも対応した発見調査をご希望の場合、弊社までご相談ください。



他の盗聴に関する専門知識