盗聴器発見のよくあるご質問

自分で盗聴器発見はできますか?

市販の盗聴発見器や広帯域受信機などを使えば、簡単な調査できると思います。
しかし、ある程度、精度の高い調査を行う為には、かなりの量の機材を揃えなくてはいけない為、素人には難しく、機材が整った専門業者に任せる方が良いかと思います。
ちなみに、調査に必要な機材については、下記を参照下さい。

調査機材について


市販の盗聴器発見器は、どの程度使えますか?

よくインターネットの通信販売で「プロも使っている盗聴発見器!」などと書かれた数千円〜1万円くらいの小型発見器が売られているのを目にします。しかし本当に「プロが使用している」機材が1万円以下で手に入るかどうかは、落ち着いて考えれば簡単に分かると思います。また、「アナログ式にもデジタル式にも対応!」と書かれた数万円くらいの発見器も、盗聴器以外の家電製品にも反応してアラームを鳴らしてしまうような事も多く、自分で盗聴発見をしたいのであれば、2万円くらいで売られているハンディ型の広帯域受信機の方がマシだと思います。簡単な盗聴器しか発見できませんが、少なくとも気休め以上の実用性はあると思われます。それでも心配が残る場合にだけ、専門業者へ依頼してみるというのも有効ではないでしょうか?


料金が高い業者と安い業者はどこが違うのですか?

基本的に料金は業者によって異なりますので、高ければ悪徳だとか安いから良心的だとかを決め付けることはできません。いくら料金が安くてもハンディ型受信機だけで調べる素人業者では困りますし、高めの料金設定でも優秀なスタッフと高性能な機材を持っている業者であれば安心して依頼することができると思います。


他社と比べて料金が安すぎませんか?

確かに当社は他社と料金比較すれば、かなり安い料金設定ですが、赤字経営な訳でもなく、また調査面で決して手を抜いている訳でもありません。無駄な経費を出来るだけ削り、数多くの依頼をこなしていった結果に行き着いた、妥当な調査料金だと考えております。


デジタル式の盗聴器は発見できないと聞きましたが?

従来のアナログ式盗聴器と比べればデジタル式盗聴器の発見は難しくなっていますが、電波を飛ばすという根本的な原理はアナログもデジタルも同じですので、発見は可能です。もちろん100%発見できるとまでは言い切れませんが、それを100%に近付けていく努力は必要だと思います。


盗聴犯人を特定してもらうことはできますか?

当社では『高い調査力と低料金』で定評のある探偵部門も併設しておりますので、盗聴器を仕掛けた人物の調査も行うことができます。単なる犯人の特定だけではなく、お客様の希望によっては公的機関に提出する証拠書類の作成、刑事や民事事件での証拠収集も可能です。こちらも相談や見積もりは無料となっておりますので、お気軽に相談ください。


盗聴発見業を始めたいのですが儲かりますか?

夢を壊すようで申し訳ありませんが、結論から言えば、それほど儲かりません。機材費や研究費、人件費や営業費用といった支出もバカになりませんし、コスト削減の努力もかなり大変です。盗聴発見業は簡単で儲かると勘違いしている人に対して「コンスタントに仕事が得られる」だとか「企業相手に仕事できます」といった誘い文句で加入金などを騙し取る手口もありますので、よく注意して下さい。