TOPへ > 盗聴に関する専門知識

専門知識

盗聴防止で自分のプライバシーを守ることができます。
現在では、盗聴によるプライバシー(情報)の漏洩だけでなく、さまざまな場所から個人の情報が盗まれる可能性だってあります。
どこから漏れるかわからない個人情報をどうやって守るか考えましょう。


自分で盗聴器を見つけることができたらコストも安く盗聴被害を防ぐことができます。
しかし、自分で盗聴器を見つけるには、それなりの準備が必要です。ここでは、盗聴器を発見するための方法についてご紹介しております。


盗聴器とは、音を電波(周波数)で外部へ発信する機器のことを言います。
種類はいろいろとありますが、基本的な仕組みで共通するものが多いのも盗聴器の特徴です。
ここでは盗聴器の基本的な仕組みと、盗聴に使われることが多い周波数についてご説明します。


車の中に盗聴器を仕掛けられても、見つけることができるのか?
また、車の中で盗聴器が仕掛けられる場所はどこなのかを解説します。
移動する車に、盗聴器が仕掛けられるはずが無いと思っているかもしれませんが、録音タイプやデジタル転送タイプの盗聴器が仕掛けられることがあります。
車に盗聴器が仕掛けられる可能性がある限り、車内の盗聴について知識を持っておくことは大切です。


最近の盗聴器による被害の内容をご紹介します。
盗聴器は、気がつかないだけで、すでに自宅やオフィスに仕掛けられていることがあります。
巧妙に隠された盗聴器を発見するのは、素人には難しく、専門業者でないと発見は困難です。
また、最近では、スマートフォンを使った盗聴もあるので注意が必要です。


引越しの前後は盗聴器にご注意ください。
何故なら、残留盗聴器による被害もあるからです。引越しの前と後には、盗聴器発見調査を行い、盗聴器が取り付けられたままになっていないか、盗聴器を引越し先に持ち込んでしまっていないかを調査してください。


盗聴器を仕掛ける人間が、どんな目的があって盗聴をしようとするのか?
盗聴防止を考えるなら、盗聴器を仕掛ける人間についてもある程度知っておくと、対策を立てるのに役立ちます。


携帯電話を改造した盗聴器が増えています。携帯電話を使った盗聴にも注意してください。
ここでは携帯電話を使った盗聴器について簡単に解説を行っています。


車に仕掛けられたGPS発信機を発見する方法はあります。
弊社では、盗聴器や盗撮カメラだけでなく、GPS発信機の発見調査を行っております。


ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?