TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 最近の盗聴による被害の内容

盗聴器による被害の内容

盗聴器による被害盗聴器による被害の内容は様々です。
盗聴器による被害は、盗聴を行う人間の目的によって被害内容が異なります。

・クレジットカードやデビットカードの利用に関する情報を盗み
 聞いたり。
・プライベートな情報を興味本位で盗聴したり。
・盗聴器を仕掛けられた人に危害を加えようとしている人間が盗
 聴したり。
などの被害があります。

最近増えている盗聴被害には、電子盗聴とも呼ばれるパソコンなどの精密電子機器を利用した盗聴もあります。
このパソコンなどを盗聴するのは、インターネットショッピングで利用したクレジットカード番号や暗証番号が盗まれる被害で、被害額も大きく、ニュースでも大きく取り上げられることがあります。

また、ストーカーやアイドルなどの行き過ぎたファンが、相手の持ち物や自宅などに盗聴器を仕掛け、相手の行動を監視、観察する目的に盗聴器を利用するといった被害もあります。

盗聴器によるストーカー被害

盗聴器によるストーカー被害特にストーカー被害では、盗聴器を仕掛けられ、その後に仕掛けられて方がストーカーから危害を受けるといった事件もあるため、警察などで注意喚起されています。

また、最近では、スマートフォンのアプリケーションに相手の通話内容やメールや、SNSの書き込みといった物まで他人が盗み見ることができる、そんなウィルスや監視・盗聴アプリがあるため、一層注意する必要があります。

こうした盗聴器による被害を未然に防ぐためには、盗聴に関する最新の情報を常に取り入れておくこと、そして、その盗聴防止策を取るために必要な情報も知っておく必要があります。



他の盗聴に関する専門知識

盗聴防止でプライバシーを守るには
盗聴器に使われる周波数
自分でする盗聴器の見つけ方
車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する
引越し前と後の盗聴器を調べる
盗聴の仕掛ける目的
携帯電話を使った新しい盗聴器
ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?