TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する

車に仕掛けられる盗聴器

車に盗聴器盗聴器は様々な場所に仕掛けられます。自宅やオフィスだけでなく、ホテルやレジャー施設などにも仕掛けられることがあります。
そして、車にも盗聴器が取り付けられることがあります。

車に取り付けられる盗聴器のタイプには、録音タイプとデジタル転送タイプ、2つの盗聴器が挙げられます

・録音タイプ
車内に取り付け、会話を録音する盗聴器です。
電波を発信しないタイプで、録音した音声を聞くために、取り付けた者が回収する必要があります。

・デジタル転送タイプ
録音タイプと同じように、車内に取り付けられます。
このタイプは、車がどのにいても車内の音を外部へ発信することができるものです。

車内に盗聴器を仕掛けるのは難しく、たとえば車のカギを持っているか、車に乗り降りすることができる人間が盗聴器を仕掛けることがあります。

また、オフィスや自宅に取り付けられることが多い電波を発信するタイプの盗聴器は、その電波を受信することができる有効範囲が狭いため、
移動する車に使用するのに適していないため、デジタル転送タイプが主流になっています。

しかし、車に盗聴器を仕掛けるのが難しいと言っても、まったく仕掛けられないわけではありあません。

最近では、集音性の高い機種もあり、また、付属のマイクを利用することで、たとえ車の中でも会話を鮮明に聞くことができるようです。

こうした、高性能な盗聴器が使用されるケースが増えており、万が一に備えて、車内に盗聴器が仕掛けられる場所を知っておく必要があります。

車内で盗聴器が仕掛けられる場所

盗聴器を車に設置される
・車内のライト部分
・ダッシュボード周辺
・座席の下
・ets…

車内には盗聴器を仕掛けることができる隙間がいくつかあります。
車の中にどういった隙間があるか、また、車に仕掛けることができる盗聴器の大きさを把握して、実際に車の中を調べて盗聴器の有無を確認してみてください。

また、盗聴器だけでなく、車にGPS発信機を取り付ける事案が発生しています。ストーカーがターゲットの行動を知るため、盗聴器やGPSを仕掛ける場合もあります。当社では、このような車に取り付けられた盗聴器やGPS発振器を発見する調査も取り扱っていますので、詳しくは当社の料金表または、メールや電話にてお問い合わせください。

盗聴器発見調査の料金について



他の盗聴に関する専門知識

盗聴防止でプライバシーを守るには
盗聴器に使われる周波数
自分でする盗聴器の見つけ方
最近の盗聴による被害の内容
引越し前と後の盗聴器を調べる
盗聴の仕掛ける目的
携帯電話を使った新しい盗聴器
ラジオを使った盗聴器発見方法で見つけられない盗聴器とは?