継野勇一のテレビ出演


盗聴器発見の圧倒的な調査力を比べて下さい










盗聴器発見の料金表の詳細はこちら

なぜ当社は盗聴器発見の調査力に自信があるのか?

理由1: 日本で初めて、盗聴器の発見調査にスペアナを導入

当社の盗聴器発見は、一般的な発見業者の料金相場と比べて低料金ですが、一番自信を持っているのは「調査力」です。

もともと、日本では、国際的な基準を満たす盗聴器の発見業者の数が非常に少なく、
アメリカの盗聴器発見の業者と比較すると、調査レベルに、かなりの差があります

たとえば、プロの探偵が好んで使う盗聴器として、ステルス盗聴器と呼ばれるタイプのものがあります。

これは、通常の盗聴器と違って、「発見する事が難しい」という特徴を持つ物ですが、
探偵等、プロが盗聴器を仕掛けるケースでは、ステルスタイプを仕掛けるのが、一般的です。

また、最近では、秋葉原や日本橋の電気街でも、ステルス盗聴器を購入する事ができ、
素人の方でも、簡単に、ステルス盗聴器を仕掛ける事ができる時代になりました

しかし、残念ながら、日本国内の盗聴器発見を行う業者のほとんどが、ステルス盗聴器を発見する事が出来ません。
デジタル盗聴器や、リモコン盗聴器、リモコンスクランブル対応等、ステルス盗聴器に完全対応している業者は、国内に、2社しかありません


例えば、スペクトラムアナライザーは、広帯域受信機とセットで使用することにより、
旧来の調査方法では発見できなかった盗聴器や盗撮カメラを幅広く発見することができるため、 非常に有効な調査機材です。

ただし、高価な機材である事、相当の熟練・経験を要することを考慮すると、まだまだ盗聴器発見を行う業者での普及率が高いとは言えません。

当社は
日本で初めて盗聴器の発見業務にスペクトラムアナライザーの導入を行い、それによる盗聴器・盗撮カメラ発見業務のノウハウが蓄積されております
この点は、スペクトラムアナライザーを後発に導入した盗聴器の発見業者に比べて調査力でアドバンテージがあります。

最近は、スペアナ機能を持ったタイプの受信機や、無線機メーカーが開発した、外付けのユニットも出回っておりますが 、これらは、スペクトラムアナライザーとは根本的に違う物となります。

受信機メーカーでも、それらの「スペアナもどき」の製品に「スペクトラムアナライザー」として宣伝しているケースもありますので、注意が必要です。

(本物とそうでないスペアナについては、スペアナもどきとは?を参照下さい)

また、最近は、本物のスペアナを使用する盗聴発見の業者も増加してきましたので、当社としても、従来から使用していたスペアナを、リニューアルしました
現在、使用している物は、スペアナの中でも、盗聴器の発見調査に最適で最高の機能を持っています。

スペクトラムアナライザー具体的には、従来のスペアナ機能に加え、変調精度や伝送速度などデジタル変調信号解析機能を装備し、さらに、PDCやPHS、NADC規格対応の各種パラメータを自動設定するSTDモードや、OBW、ACP、高調波歪測定が可能なスペアナとなっておりますので、盗聴発見の調査には、非常に有効なものです。

さらには、当社のもう一つの、大きな利点としては、リモコン盗聴器、リモコンスクランブル盗聴器という、特殊なタイプに対応している点です(強制的にONにする方法)。

サーモグラフィ盗聴発見を行う業者の中には、「盗聴器がONになってる時を狙う」、「サーモグラフィで熱を探知する」という方法によって、リモコン盗聴器も発見できると謳ってる業者もあるようですが、これらの方法では、運の要素が多く、発見はかなり困難だと思います。
(弊社でも、サーモグラフィ(熱感知カメラ)は使用しますが、リモコン盗聴器の発見機材としては使いません)。

リモコン盗聴器の発見で、最も確実なのは、眠っている盗聴器を強制的にONにする方法です。
しかし、この方法は、特殊な機材が必要であり、コスト面から採用している業者はかなり少ないのが現状です。

最近は、当社以外にも、スペクトラムアナライザーを所有している業者が、出てきてますが、 リモコンや、リモコンスクランブルという特殊な盗聴器(ステルス盗聴器)に対応している業者は、かなり少数なのが現状です。

また、これらのステルス盗聴器は、10年前までは、、プロしか使ってない時代もあり、その頃の盗聴器発見を行う業者は、ステルス盗聴器にまで対応する必要がなかったのですが、現在では、デジタル盗撮カメラやリモコンスクランブル等の
ステルス盗聴器を、日本橋や秋葉原で誰でも買う事ができます。
AR6000 さらには、最近、弊社が導入した最新の受信機にAR6000があります。AR6000は、世界で初めて、9kHz〜6000Mhzという超広帯域の周波数に対応した受信機ですが、弊社は、これを、 日本で初めて、盗聴器発見の用途として導入しました

また、盗聴器の発見業者の中には、「スペアナ等の高度な機材がなくても、盗聴器を発見できる」、「スペアナ等、高価な機材を使うと料金が高くなってしまう」という業者もあります。

これについては、調査力は必要か?で、当社の見解を述べておりますが、以前と比較して、ステルス盗聴器が大幅に増えた現在では、高度な調査が必要であることは間違いない事実です。

また、料金についても、弊社の盗聴調査の料金表を他社と比較して頂ければ、極めて、コストパフォーマンスが高い事をご理解いただけると思います。

他にも当社は、他社に対しての技術的なアドバンテージに自信があります。その調査力の秘密に関しては、当HP内をご覧いただければと思います。
(料金表は左メニューにあります)

また、盗聴器を発見するプロを目指す方は、盗聴・盗撮対策講座も併せてご覧下さい。

株式会社赤井事務所 代表取締役 継野勇一

秘密保持について

弊社では、秘密保持が法律で義務付けられている探偵業の届け出を行っております。

・東京都公安委員会(第30110008号)
・大阪府公安委員会(第62095882号)

探偵業法では、顧客の秘密を漏洩すると、行政処分等の罰則がありますが、盗聴器発見を行う業者の中には、これらの届け出を行っていないところが多数あり、情報管理が杜撰な盗聴器発見業者もあるので注意が必要です。

また、弊社では、下記のような秘密保持の対策を行っております。

  • 弊社で使用するシュレッダーは、スパイラルカットを使っておりますので、 復元不可能です。
  • <一般のシュレッダー> <スパイラルカット>

  • 長期間保管するPCデータは、128bit以上の暗号化処理をしております。

  • 弊社の従業者は、入社時に全員、「秘密保持契約書」を交付しております。

その他、弊社が行う盗聴器発見の業務では、秘密保持に万全の注意を払っておりますが、ご不明な点があれば、直接、お問い合わせ下さい。

市販の盗聴器の発見受信機についての実験結果

楽天やamazon等のサイトで市販の盗聴器の発見受信機について検索すれば、たくさんの発見器が見るかるかと思います。
値段も数千円程度と安価なので、一見、便利に思われる方もいるかもしれません。

弊社で、このタイプの盗聴器発見の機器を実験してみたところ、最も発見が簡単であるUHFタイプの盗聴器ですら、ほとんど判別することはできませんでしたし、盗撮カメラを発見できると謳う機材でも、カメラのピンホールレンズの反射を利用するものであったりするので、現実的には、これで盗撮カメラや、盗聴器を発見する事は、ほぼ不可能かと思われます
(実験の詳細については、市販の発見器の実力を参照)。

盗聴器といっても、一般的なUHFやVHFタイプ以外にも、さまざまな種類の盗聴器があり、中には、発見する事が困難なステルスタイプの盗聴器も多数出回っております。

これらの盗聴器に対応する為には、調査力がある盗聴器発見の専門業者に依頼するのが一番良い方法ではないかと思います。


盗聴器発見の業者の選び方

日本国内には、たくさんの盗聴器発見を行う業者がありますが、
どのような業者を選ぶのがよいのでしょうか?

弊社としては、下記の点を重視する事をオススメします。

  • 盗聴器を調べるための、調査機材のレベルが高い

  • 営業年数が長いこと
    (法人であれば、登記簿謄本を取れば、判ります)。

  • 優秀な受信機を所有している事。

  • 秘密保持を徹底している事。

上記の中でも、最も重要なのは、盗聴器発見の調査を行う機材のレベル(量ではなく、質です)です。

もちろん、経験や勘といった部分も重要ですが、そもそも機材がなければ、盗聴器を発見する事ができません。

盗聴器の発見を行う業者が、どの程度の機材を保有しているか?
この部分を、最も重視される事をオススメします